共有持分の権利者との間柄について

いろいろな関係性が考えられる

共有不動産を持っていると、一つの不動産を複数人で所有している状態になるので、通常の単独名義の不動産とは違いがあります。
共有持分の権利者との間柄がどのような人が該当するのかは、それぞれの共有不動産によって違いがあります。

多いのが夫婦で一軒家などを一緒に共有しているようなケースが多いですし、相続をすることで複数人が共有持分で権利を分かち合うことも珍しくないです。
共有持分の所有者はその不動産の権利を持っている人が該当するので、他の人に意見を言う資格があります。

そのため一部の人が勝手に不動産を売却するようなことはできませんから、複雑な間柄の人と不動産を共有していると面倒なことになるのです。
共有持分はそれぞれの条件で所有している割合にも違いがありますが、少しの割合でも権利を持っているのでその人からも同意を得ないといけません。
共有持分を持っている限りは権利がありますし、責任もあるので税金などの負担もしないといけないです。

共有持分だけなら簡単に売却できる

共有持分がある不動産を所有していると、権利を持っているだけでなく責任もありますから、面倒なことに巻き込まれるようなケースも珍しくないです。
共有不動産で近隣住民とトラブルが発生すると、基本的に共有持分がある人達が対応しないといけないので、大変なことになってしまうことが考えられます。

トラブルが増えると売却したいと考えるかもしれませんが、権利者の全員で意見をまとめないといけないです。
どのような間柄かも分かりませんが、話し合いができないような人と不動産を共有していて、トラブルが発生しているような場合は共有持分だけでも売却してしまったほうが安心できます。
専門業者に相談をすることで共有持分だけ売却をすることができますから、悩んでいる場合は業者が助けてくれる筈です。

業者が共有持分を所有している状態になるので、他の権利者からすると業者と不動産を共有することになります。
業者が入ることで他の権利者も、スムーズに話し合いができるようになるかもしれないです。

まとめ

共有不動産を持っていると、誰かと一緒に同じ不動産を持っている状態になります。
大体は夫婦や兄弟などの間柄で共有することになりますが、権利者の誰かが業者に共有持分を売却すると業者と一緒に共有するようなことになるので、いろいろなパターンが考えられます。
共有持分だけでも売却をすることができますから、業者に相談をすると面倒な状態から解放されるようなことも可能です。
共有持分の売却は自由度が高いことは知っておいても、損はないと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。