基本情報

共有持分において考えられるリスク

共有持分とは何かとトラブル

「共有持分」とは、複数の人がひとつの者を共同で所有している場合、それぞれが持つ所有権の割合のことです。
共有持分も財産のひとつであり、有効に活かせば現金化などの大きなメリットを得られる可能性もあります。
ただし、同時に複数の人が関係する物なので権利関係が複雑に絡んでくるので、トラブルになりやすいというリスクも持っています。
それを理解した上で共有持分という意味を理解しておきましょう。

共有持分が持つリスクについていくつか上げてみると、売却に至る理由として「不仲なので共有部分について話し合えない」「すべて自分のものだと主張する人がいて困っている」といったものがあるようです。
共有持分は便利な部分でもありますが、同時に大きなリスクを持つということは理解しておきましょう。
相続や共同購入というもので発生しやすいため、事前に専門家に相談しておくなど、対策をしっかりとしておくことでリスクを減らすことが出来ます。

共有持分を売却する⽅法を考える


共有物の全部を売却したいと考えても、売却には他の共有者全員の同意が必要になります。
不仲やペアローンでの購入をしたが離婚をするというときでも、必ず同意がなければいけません。
ただ、自分が持つ共有持分だけなら個人の判断で売却することが可能です。
これは他の共有者の同意がなくてもいいので、部分的に売却したい、というときには思い切ってこうするのも手だと言えるでしょう。
なので下手にリスクを負うよりも、個人の共有持分だけを売ってしまった方が安心かもしれません。

売却するときのポイントは「共有者全員で第三者に売却する」か「共有者同士で売り買いする」などがありますが、ほかにも「分筆して各自の単独所有とする」「自己持分のみを第三者に売却」といった方法もあるので、検討してみると良いでしょう。
買取業者か仲介業者かによって売却の条件は変わるので、ひとつだけではなく複数の不動産会社へ相談すること、また実績や対応、費用面などを必ず比較してから決めるべきです。

まとめ

共有持分において考えられるリスクは、売却の際にかかる面倒な「同意」だと考えられます。
個人の共有持分だけを売るのならスムーズに終わるかもしれませんが、専門知識を持った不動産屋がなかなかいないのが現状です。
なので、複数の不動産屋に相談してから決めることが重要です。
共有持分のリスクはこういった「いざという時」にわかることが多いので事前の購入時に確認しておきましょう。
売却時のリスクを把握した上で、しっかりと不動産屋に相談することをおすすめします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。